よく言われるのが、関西人は面白くて当たり前みたいなことがあるのですが、生まれてからずっと関西人である自分から見た関西人というのも、基本的には面白いというか、お笑いの要素を

関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動
関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動

よく言われるのが

54歳 男性
よく言われるのが、関西人は面白くて当たり前みたいなことがあるのですが、生まれてからずっと関西人である自分から見た関西人というのも、基本的には面白いというか、お笑いの要素をみんな持っているというのには多方賛成できます。
関西人でも引越しや転勤や大学生活などで関西を出て、特に東京の中心部にある程度暮らし始めると、関西人が周りにどれだけいるかにもよりますが、周りが関東の人が殆どだったりすると、いつの間にか喋り方も標準語になっていったり、習慣というか普段の会話なんかもそちらの習慣に慣れてしまって、すっかり関西人の要素が抜けてしまう人は結構いるものです。

なので、私の中での「この人関西人ではない」と感じる人というのは、基本関東で住んでいても、関西人に出会ったり帰省したりしたら、やはりお笑い好きの面白い関西人に戻らない人を、「この人は元々関西に生まれ育ってなかったら、面白いとかお笑いとかにあまり興味がなかった人だろうな」と思うのです。
関東かぶれしたとかいう問題ではなく、関西人は根っからみんな面白いわけではないということを、もう少し理解しなければいけないと感じるわけです。

Copyright (C)2017関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動.All rights reserved.