関西の人間は程度の差はあれ、関東の人間にライバル意識を抱いています。

関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動
関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動

関西の人間は程度の差はあれ

38歳 男性
関西の人間は程度の差はあれ、関東の人間にライバル意識を抱いています。それだけに関西には昔からの文化があって、なかなか新しいものを受け入れにくい保守的な面もあります。もちろん人の移動の活発な時代ですから、関東の人間が関西で暮らしている、あるいはその反対に関西の人間が関東で暮らしているということも珍しくはありません。
それでもこの人は関西の人ではないのだなと思ってしまう瞬間は、食事の時に強く感じます。幼い時から慣れ親しんだ味は忘れられないものですから、関西の味をどうしても受け入れられないという方もいるものです。

また、健康志向が高まっている中で、納豆がよく食べられるようになってはいます。
しかし、関西の人間の多くはどうしてもあのネバネバが、どうしても受け入れられません。おいしく納豆を食べていれば、たとえ健康のためにしていることだとしても、関西人ではないと思われてしまうものです。

関連情報

Copyright (C)2017関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動.All rights reserved.