関西人から見て、関西人ではない人の典型はやはり言葉になります。

関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動
関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動

関西人から見て、関西人ではない人の典型はやはり言葉になります

46歳 男性
関西人から見て、関西人ではない人の典型はやはり言葉になります。関西の人はその関西弁に必ずこだわりを持っているので、ほかの県や地域の雰囲気があると、敏感に感じ取ってしまいます。
関西出身の芸能人の言葉についても、ほかの県や地域の人にとってみたらコテコテの関西弁のように聞き取っているものでも、関西の人にとっては、東京の言葉の影響を受けているとか、関西弁でそれはないでしょうというようなところがたくさんあるそうです。
それほどですから、ほかの県や地域の人が関西弁を真似て話ししていようものなら、関西の人は敏感に感じ取って「この人関西人ちゃうやんけ」って感じに見切ってしまうようです。

ちなみに、関西の特に大阪の人は、飲食店出る時に必ずかける言葉があるそうです。
それは食事が終わって店を出る時に、「うまかったで」とか「うまかったで、ごちそうさん」などと必ず店の人に声をかけます。これをしなかったら、関西人から見て関西人ではないと思う行動にうつっています。

Copyright (C)2017関西人から見た『この人、関西人ではない』と思う人の行動.All rights reserved.